撮影した写真からAIが素早く廃棄物の
体積を測定する
スマホアプリ ー Cube(キューブ)

誰でもスマホで手軽に!
AIを使って廃棄物の体積を簡単測定!!

お試し期間 1ヶ月 無料

NEWS

2023/11/27
Cube v3.1.0 iOS リリース!
過去のお知らせはこちら

Cubeとは Cube(キューブ)は撮影した写真からAIが自動で素早く体積を測定する
				スマホアプリです

Cubeとは

Cube(キューブ)は
撮影した写真からAIが自動で
素早く体積を測定する
スマホアプリです

廃棄物を撮影し、スマートフォンアプリの画面上で輪郭を指定することで、
廃棄物の体積を素早く算出することを可能とします。
Cubeは、iPhone、Android 端末上で利用可能です。

Cubeの4つのできること

1.撮影した写真からAIが素早く廃棄物の体積を測定する
2.測定した堆積から概算見積もりを算出
3.写真や測定値を関係者間で共有
4.現地に行かずに概算見積もりが可能

Cubeが選ばれる理由

理由1 現場の声を聞き、要望にあわせて開発

Cubeは現場のお困りの声から生まれました。
一連の廃棄物処理プロセスの中で、各事業者の体積測定値に相違がおこらないようにできないだろうか、見積もりだけ行ってビジネスに結びつかない機会損失をなくせないだろうか。
このようなお困りごとを解決すべく数年をかけて開発してきたCubeは、わかりやすく使いやすいとお客様に喜ばれています。

理由2 定期的なアップデートで進化

Cubeはお客様のご意見やご要望を取り入れ、複数名体制で機能改善や追加開発を随時行っています。また、エミュレータを利用して新しく販売される機種での利用テストなども随時行っています。測定精度もアップデートのたびに向上しております。

理由3 豊富なアプリ開発実績から生まれた使いやすさ

デイ・ディライトは、アプリ開発会社として10年以上事業を行ってきました。誰もが知る大企業から小規模事業者まで多くのクライアントのご要望に高い技術力でお応えしております。小学生からシニアまで、あらゆる年齢層を対象としたアプリの開発経験もあり、一般ユーザー向けのUI/UXを得意としている会社が、体積を自動測定する機能を搭載し、満を持してリリースしたのがCubeです。

Cubeの機能

AI体積測定機能
領域指定機能
案件リスト機能
情報共有機能
現場見積もり
遠隔見積もり用URL発行
複数の廃棄物測定
現場写真の記録
メリットと機能はこちら

上記の機能の詳細な活用方法とメリットをご説明します。

よくあるご質問

Q どうやって体積を測定するのですか。

撮影した写真から対象の領域を指定し、AIが自動で素早く体積を測定します。

Q どれくらいの大きさまで測定できますか。

100立米程度までのご利用を想定しております。

Q 動作環境を教えてください。

正常動作保証範囲は次のとおりです。
【推奨環境】iOS:15.0以上/Android:12.0~14.0/管理画面ブラウザ: Chrome
※すべての機種での動作を保証するものではありません。

資料請求 お問い合わせ